宛書き順 » 宛の熟語一覧 »宛行の読みや書き順(筆順)

宛行の書き順(筆順)

宛の書き順アニメーション
宛行の「宛」の書き順(筆順)動画・アニメーション
行の書き順アニメーション
宛行の「行」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

宛行の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. あて-おこない
  2. アテ-オコナイ
  3. ate-okonai
宛8画 行6画 
総画数:14画(漢字の画数合計)
宛行
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:6文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
宛行と同一の読み又は似た読み熟語など
充行  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
行宛:いなこおてあ
宛を含む熟語・名詞・慣用句など
宛行  宛文  所宛  肩宛  宛行  宛宛  宛状  宛然  宛転  宛も  宛書  宛所  宛先  宛字  宛名  大宛  名宛  名宛人  宛行う  宛行ふ  宛てる  宛てがい  宛てがう  宛てがい扶持    ...

宛行の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

金色夜叉」より 著者:尾崎紅葉
》へぬもありけり。 車夫は起ち悩める酔客を扶《たす》けて、履物《はきもの》を拾ひ、鞭《むち》を拾ひて宛行《あてが》へば、主人は帽を清め、ブックを取上げて彼に返し、頭巾を車夫に与へて、懇《ねんごろ》に外套....
ごりがん」より 著者:上司小剣
と睨んだから、一日も早く家内を持たせるに限ると思つて、老僧の眼にも十人並を少し優れたあの娘なら、無斷で宛行《あてが》つても喜ぶことゝ思ひの外、祝言の盃の間際を脱け出して、山の上の荒れた庵室に旅畫師をたよつ....
太政官」より 著者:上司小剣
の人形になることを厭やがつて、村長のなり人《て》がないので、無能な無爲な阿呆野口を助役にして、太政官に宛行《あてご》うて置いたのであるが、そんなことでは、治まつて行きさうもなくて、權威《オーソリチー》破壞....
[熟語リンク]
-宛を含む熟語
-行を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「宛行」例文/複合語/意味