縁書き順 » 縁の熟語一覧 »小縁の読みや書き順(筆順)

小縁の書き順(筆順)

小の書き順アニメーション
小縁の「小」の書き順(筆順)動画・アニメーション
縁の書き順アニメーション
小縁の「縁」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

小縁の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. こ-えん
  2. コ-エン
  3. ko-en
小3画 縁15画 
総画数:18画(漢字の画数合計)
小緣
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
小縁と同一の読み又は似た読み熟語など
古園  懐古園  故園  故縁  簀の子縁  顧炎武  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
縁小:んえこ
縁を含む熟語・名詞・慣用句など
目縁  初縁  順縁  宿縁  重縁  重縁  格縁  竿縁  衆縁  周縁  所縁  諸縁  外縁  絶縁  榑縁  随縁  親縁  深縁  外縁  情縁  小縁  小縁  社縁  錦縁  血縁  縁福  結縁  結縁  桁縁  銀縁  金縁  近縁  玉縁  血縁  永縁  故縁  御縁  黒縁  笹縁  三縁    ...

小縁の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

二、三羽――十二、三羽」より 著者:泉鏡花
るか。かつ感じつつ、私たちは飽かずに視《なが》めた。 あとで、台所からかけて、女中部屋の北窓の小窓の小縁《こえん》に、行ったり、来たり、出入《ではい》りするのは、五、六羽、八、九羽、どれが、その親と仔の....
即興詩人」より 著者:アンデルセンハンス・クリスチャン
べたり。この帶の隣には又似寄りたる帶を引きて、その間をば暗紅なる花もて填めたり。これを街の氈《かも》の小縁《さゝへり》とす。中央には黄なる花多く簇《あつ》めて、その角立ちたる紋を成したる群を星とし、その輪....
妖魔の辻占」より 著者:泉鏡花
聞きすます体《てい》にして、 「千鳥や、千鳥や。」 と、やゝ声を高うした。 向う前栽《せんざい》の小縁《こえん》の端へ、千鳥と云ふ、其の腰元《こしもと》の、濃い紫《むらさき》の姿がちらりと見えると、も....
[熟語リンク]
-小を含む熟語
-縁を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「小縁」例文/複合語/意味