聖書き順 » 聖の熟語一覧 »聖地の読みや書き順(筆順)

聖地の書き順(筆順)

聖の書き順アニメーション
聖地の「聖」の書き順(筆順)動画・アニメーション
地の書き順アニメーション
聖地の「地」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

聖地の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. せい-ち
  2. セイ-チ
  3. sei-chi
聖13画 地6画 
総画数:19画(漢字の画数合計)
聖地
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
聖地と同一の読み又は似た読み熟語など
世嫡  亜成虫  再製茶  分子性超伝導体  分子性超電導体  原子力規制庁  厳正中立  国勢調査  国政調査権  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
地聖:ちいせ
聖を含む熟語・名詞・慣用句など
聖体  聖殿  聖徒  聖堂  聖道  聖徳  聖日  聖杯  聖廟  聖文  聖別  聖母  聖天  聖典  聖代  聖沢  聖誕  聖壇  聖断  聖地  聖寵  聖朝  聖勅  聖帝  聖哲  聖宝  聖方  聖明  石聖  先聖  俗聖  戴聖  大聖  大聖  俳聖  凡聖  列聖  聖跡  聖目  聖躬    ...

聖地の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

浮浪学生の話」より 著者:上田敏
るからだ。亜孟《アメン》。どれ、日射《ひあたり》のいゝ此処《ここ》へでも寝転《ねころ》ばうか。これこそ聖地《せいち》だ。われらが御主《おんおるじ》の御足《みあし》は何処《どこ》をも聖《きよ》くなされた。さ....
法王の祈祷」より 著者:上田敏
君が御墓についても悩んでゐる。御墓はいつも異教徒にとり巻れてゐる。これが恢復を計る者も無い。今はたれも聖地に向つて君が御くるすを導くことなく、われらは皆昏々として眠つて居る。騎士は物の具を収め、国王は指揮....
癩病やみの話」より 著者:上田敏
て質《き》いた。さうすると、返事《へんじ》をした。 ――耶路撒冷《イエルサレム》へ行《い》くのです、聖地《せいち》を恢復《とりかへし》に行《い》くのです。 そこで、あたしは失笑《ふきだ》して質《き》い....
[熟語リンク]
-聖を含む熟語
-地を含む熟語
類語・類義語辞典
-聖地の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「聖地」例文/複合語/意味