拙書き順 » 拙の熟語一覧 »下拙の読みや書き順(筆順)

下拙の書き順(筆順)

下の書き順アニメーション
下拙の「下」の書き順(筆順)動画・アニメーション
拙の書き順アニメーション
下拙の「拙」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

下拙の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. げ-せつ
  2. ゲ-セツ
  3. ge-setsu
下3画 拙8画 
総画数:11画(漢字の画数合計)
下拙
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
下拙と同一の読み又は似た読み熟語など
下説  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
拙下:つせげ
拙を含む熟語・名詞・慣用句など
拙巌  如拙  稚拙  拙訳  拙文  拙筆  拙著  拙宅  拙速  拙走  拙僧  野拙  拙劣  紹拙  守拙  若拙  引拙  拙陋  陋拙  下拙  迂拙  拙論  拙老  拙戦  拙生  拙守  拙歌  拙家  拙家  拙詠  拙意  拙悪  巧拙  愚拙  古拙  拙技  拙吟  拙妻  拙策  拙作    ...

下拙の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

大衆維新史読本」より 著者:菊池寛
組の独擅場《どくせんぢやう》で、彼等が得意になるのは当然だらう。 近藤の家書は、以下続いてゐる。 「下拙《げせつ》僅かの人数引連れて、出口に固めさせ、打込候者は、拙者始め、沖田、永倉、藤堂、倅周平、右五....
遺牘」より 著者:西郷隆盛
\》思慮《しりよ》仕候處、いづれなり奸女をたをし候外無望時と伺居申候。御存の通り、身命《しんめい》なき下拙《わたくし》に御座候へば、死する事は塵埃《ぢんあい》の如く、明日を頼まぬ儀に御座候間、いづれなり死....
手紙」より 著者:坂本竜馬
一、金子弐両也。 右者下拙儀讃州地方ニ罷越候ニ付、金子入用ニ付借用候事実正ニ候。返弁之儀当暮限壱割五歩之利足を加、元利共必然....
[熟語リンク]
-下を含む熟語
-拙を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「下拙」例文/複合語/意味