禅を含む熟語・慣用句・名詞など

禅を含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

禅の付く文字数別熟語

二字熟語
参禅四禅受禅修禅生禅禅位禅衣禅院禅悦
>>2字熟語一覧
三字熟語
看話禅看話禅京友禅型友禅口頭禅座禅草座禅豆座禅衾四禅天
>>3字熟語一覧
四字熟語
加賀友禅金春禅竹[人名]・金春禅鳳[人名]・三時座禅四時座禅松下禅尼[人名]・上杉禅秀[人名]・身替座禅禅の勤め
>>4字熟語一覧
五字熟語
宮崎友禅斎興禅護国論修禅寺物語定禅寺通り普勧坐禅儀暗証の禅師坐禅三昧経坐禅用心記一路庵禅海[人名]
>>5字熟語一覧
六字熟語
友禅カナキン友禅ビロード友禅モスリンビロード友禅熊野鳥居禅尼[人名]・大梁興宗禅師[人名]・仏徳大通禅師[人名]・蘭庭明玉禅尼[人名]
>>6字熟語一覧
>>7字熟語一覧

禅を含む11文字以上の言葉・ことわざなど

文章中に「禅」が使われいる作品・書籍

おぎん」より 著者:芥川竜之介
てしまった。勿論《もちろん》彼等他国ものは、天主のおん教を知るはずはない。彼等の信じたのは仏教である。《ぜん》か、法華《ほっけ》か、それともまた浄土《じょうど》か、何《なに》にもせよ釈迦《しゃか》の教で....
枯野抄」より 著者:芥川竜之介
みてゐるやうに思はれる。するとこの時、去来の後の席に、黙然と頭《かうべ》を垂れてゐた丈艸は、あの老実な客の丈艸は、芭蕉の呼吸のかすかになるのに従つて、限りない悲しみと、さうして又限りない安らかな心もちと....
寒山拾得」より 著者:芥川竜之介
「何、死にやしません。ああ見えたつて、ありや普賢文殊《ふげんもんじゆ》です。あの友だちの豊干《ぶかん》師つて大将も、よく虎に騎《の》つちや、銀座通りを歩いてますぜ。」 それから五分の後《のち》、電車が....
スポンサーリンク