華書き順 » 華の熟語一覧 »華壇の読みや書き順(筆順)

華壇の書き順(筆順)

華の書き順アニメーション
華壇の「華」の書き順(筆順)動画・アニメーション
壇の書き順アニメーション
華壇の「壇」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

華壇の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. か-だん
  2. カ-ダン
  3. ka-dan
華10画 壇16画 
総画数:26画(漢字の画数合計)
華壇
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
華壇と同一の読み又は似た読み熟語など
一家団欒  果断  歌壇  高檀紙  財政健全化団体  若旦那  小高檀紙  早期健全化団体  大高檀紙  直談  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
壇華:んだか
華を含む熟語・名詞・慣用句など
華北  京華  華氈  日華  曇華  華洛  華瓶  華押  浮華  青華  詞華  光華  華筥  華陀  供華  華墨  華麗  華侈  華奢  華箋  華胥  華胄  時華  香華  供華  供華  四華  散華  香華  浪華  清華  竜華  精華  藕華  中華  法華  文華  栄華  繁華  日華    ...

華壇の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

青年」より 著者:森鴎外
受けて、東京に珍らしい、乾いた空気を呼吸しながら二人は精養軒を出た。 十二 二人は山を横切って、常磐華壇《ときわかだん》の裏の小さな坂を降りて、停車|場《ば》に這入《はい》った。時候が好《い》いので、近....
競漕」より 著者:久米正雄
に漕ぎ寄せた応援の人々の単一な顔を珍らしげに見廻した。 五 その夜いつもの慣例に従って常盤華壇《ときわかだん》で祝勝会があった。競漕からもう数時間を経ていた。それで各選手はおのおの過去の緊張の....
青春回顧」より 著者:吉井勇
かに笑つてゐる時でも、何処かに人に迫つて来るものがあつた。先代左団次の十三回忌かの追善の会が上野の常盤華壇であつて、伊井蓉峰氏等の空也念仏があつたり、岡鬼太郎氏と鳥居清忠氏の二人仁木で先代萩の床下があつた....
[熟語リンク]
-華を含む熟語
-壇を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「華壇」例文/複合語/意味