彼を含む熟語・慣用句・名詞など

彼を含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

彼の付く文字数別熟語

二字熟語
何彼誰彼彼我彼岸彼此彼此彼氏彼式彼処
>>2字熟語一覧
三字熟語
彼の岸彼の子彼の人彼の世彼の世彼の方彼の面彼の様彼の様
>>3字熟語一覧
四字熟語
我他彼此後の彼岸江戸彼岸彼のさん彼は誰時彼岸団子彼処いら彼方此方彼方此方
>>4字熟語一覧
五字熟語
枝垂れ彼岸西彼杵半島何も彼にも彼や此れや誰彼無しに何だ彼んだ何彼に付け
>>5字熟語一覧
六字熟語
恩讐の彼方に何処も彼処も何其れ彼其れ彼の手此の手此の面彼の面何とか彼とか何とも彼とも彼方此方する
>>6字熟語一覧

彼を含む11文字以上の言葉・ことわざなど

彼も人なりわれも人なり
彼方立てれば此方が立たぬ
此処を踏んだら彼所が上がる
彼を知り己を知れば百戦殆からず

文章中に「彼」が使われいる作品・書籍

駅伝馬車」より 著者:アーヴィングワシントン
るはちきれさうな健康と、男らしい氣魄とは、わたしが今迄にも此の國の子供達のうちに見て來たものであつた。等は休暇で歸省の途上にあつて、いかにも陽氣で、これから澤山樂しいことが待つてゐるのだと勇んでゐるのだ....
クリスマス・イーヴ」より 著者:アーヴィングワシントン
かにも古風な趣味で、小ざつぱりとした髮被ひと胸飾を着け、銀のやうな髮毛が雪白の帽子の下から覗いてゐた。女は膝を屈めて敬禮しながら、若主人を迎へる歡びを顏にも言葉にも現すのであつた。夫は恐らく、お邸へ行つ....
スリーピー・ホローの伝説」より 著者:アーヴィングワシントン
の城 ハドソン河の河幅がひろがり、むかしオランダ人の航海者がタッパン・ジーと名づけていたところでは、らは用心していつでも帆をちぢめ、航海者の守り、聖ニコラスに加護をねがいながら、横断したものだ。そこの....
スポンサーリンク