回書き順 » 回の熟語一覧 »回しの読みや書き順(筆順)

回しの書き順(筆順)

回の書き順アニメーション
回しの「回」の書き順(筆順)動画・アニメーション
しの書き順アニメーション
回しの「し」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

回しの読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. まわし
  2. マワシ
  3. mawashi
回6画 
総画数:6画(漢字の画数合計)
回し
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
回しと同一の読み又は似た読み熟語など
猿回し  遠回し  押回し  化粧回し  回しガッパ  回し飲み  回し金  回し者  回し錐  回し読み  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
し回:しわま
回を含む熟語・名詞・慣用句など
回旋  回風  回復  回雪  回文  回文  回線  回米  回報  回覧  回流  回廊  回瀾  回想  経回  初回  回折  回漕  回視  回収  回春  回送  回虫  回信  回心  回申  回診  回数  回転  回生  回付  回族  回達  周回  回避  回し  回す  回む  回礼  回暦    ...

回しの使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

偸盗」より 著者:芥川竜之介
その目とその口が、数限りもなく、道をうずめて、ひしひしと足もとに迫って来る。――次郎は、太刀《たち》を回しながら、急に、猪熊《いのくま》のばばの話を思い出した。「どうせ死ぬのなら一思いに死んだほうがいい。....
或る女」より 著者:有島武郎
じみた襟元《えりもと》を思い出させるような、西に出窓のある薄ぎたない部屋の中を女中をひっくるめてにらみ回しながら古藤は、 「外部《そと》よりひどい……どこか他所《よそ》にしましょうか」 と葉子を見返った....
スリーピー・ホローの伝説」より 著者:アーヴィングワシントン
主だったものは、スリーピー・ホローの立役者幽霊、首なし騎士だった。最近にもいく度か、この騎士が付近を巡回している音が聞えたし、そのときの話では、教会の墓場に毎夜その馬をつないでおくということだった。 こ....
[熟語リンク]
-回を含む熟語
-しを含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「回し」例文/複合語/意味