部書き順 » 部の熟語一覧 »宮部の読みや書き順(筆順)

宮部の書き順(筆順)

宮の書き順アニメーション
宮部の「宮」の書き順(筆順)動画・アニメーション
部の書き順アニメーション
宮部の「部」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

宮部の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. みやべ
  2. ミヤベ
  3. miyabe
宮10画 部11画 
総画数:21画(漢字の画数合計)
宮部
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
宮部と同一の読み又は似た読み熟語など
宮部みゆき  宮部金吾  宮部鼎蔵  宮部一跳  宮部一郎  宮部義正  宮部継潤  宮部三藻  宮部春蔵  宮部長煕  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
部宮:べやみ
部を含む熟語・名詞・慣用句など
一部  陰部  宇部  岡部  解部  各部  学部  楽部  幹部  間部  基部  客部  脚部  休部  宮部  虚部  胸部  局部  区部  軍部  郡部  刑部  刑部  兄部  警部  建部  建部  戸部  戸部  五部  後部  語部  工部  細部  三部  残部  使部  四部  市部  支部    ...

宮部の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

大衆維新史読本」より 著者:菊池寛
で、風はあつたが、何となく蒸す夜であつた。 その時、池田屋では、長州の吉田|稔麿《としまろ》、肥後の宮部|鼎蔵《ていざう》等総勢二十余名が集合し、 「今夜は壬生に押寄せて、古高俊太郎を奪ひ還さう」 と....
二千六百年史抄」より 著者:菊池寛
」は、熱血溢るゝ当時の勤皇の志士達には、経典の如く読まれ、奮起の原動力となつた。 吉田松陰は、肥後の宮部|鼎蔵《ていざう》と手を携へて上京する船中でも、この「新論」を読んで感激措く能はず、幾度も船中で雀....
殺人迷路」より 著者:甲賀三郎
、眼つきの怪しい三十五六の赭《あか》ら顔の紳士と、洋装の女と、それから植木の蔭になって見えなかった所の宮部京子の三人がいたのだ。その時に星田の滑らした完全犯罪《パーフェクト・クライム》の有無と云う言葉が怪....
[熟語リンク]
-宮を含む熟語
-部を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「宮部」例文/複合語/意味