部書き順 » 部の熟語一覧 »刑部の読みや書き順(筆順)

刑部の書き順(筆順)

刑の書き順アニメーション
刑部の「刑」の書き順(筆順)動画・アニメーション
部の書き順アニメーション
刑部の「部」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

刑部の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ぎょう-ぶ
  2. ギョウ-ブ
  3. gyou-bu
刑6画 部11画 
総画数:17画(漢字の画数合計)
刑部
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
刑部と同一の読み又は似た読み熟語など
人形振り  企業物価指数  作業分割構成  作業分解図  工業分析  行仏性  行歩  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
部刑:ぶうょぎ
部を含む熟語・名詞・慣用句など
一部  陰部  宇部  岡部  解部  各部  学部  楽部  幹部  間部  基部  客部  脚部  休部  宮部  虚部  胸部  局部  区部  軍部  郡部  刑部  刑部  兄部  警部  建部  建部  戸部  戸部  五部  後部  語部  工部  細部  三部  残部  使部  四部  市部  支部    ...

刑部の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

木曽義仲論」より 著者:芥川竜之介
。彼の眼よりすれば、海内の命を掌握に断ぜる入道相国も、唯是剛情なる老黄牛に過ぎざる也。しかも彼等は、平刑部卿忠盛が、弓を祇園の神殿にひきしより以来、平氏に対して止むべからざる怨恨を抱き、彼等の怨恨は、平氏....
古事記」より 著者:太安万侶
《きなし》の輕《かる》の太子《ひつぎのみこ》の御名代として、輕部《かるべ》を定め、大后の御名代として、刑部《おさかべ》を定め、大后の弟|田井《たゐ》の中《なかつ》比賣の御名代として、河部《かはべ》を定めた....
戦争史大観」より 著者:石原莞爾
に入りて捜査するを許さず、若し違反する者あらば住民はその面貌 等を記して告発す可し』 と。そして清刑部郎中・端華如等をしてその事務を処理させた。 当時の北京は各国軍がそれぞれ駐屯区域を定めていたのだ....
[熟語リンク]
-刑を含む熟語
-部を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「刑部」例文/複合語/意味