侃書き順 » 侃の熟語一覧 »皇侃の読みや書き順(筆順)

皇侃の書き順(筆順)

皇の書き順アニメーション
皇侃の「皇」の書き順(筆順)動画・アニメーション
侃の書き順アニメーション
皇侃の「侃」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

皇侃の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. おう-がん
  2. オウ-ガン
  3. ou-gan
皇9画 侃8画 
総画数:17画(漢字の画数合計)
皇侃
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
皇侃と同一の読み又は似た読み熟語など
奇応丸  地黄丸  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
侃皇:んがうお
侃を含む熟語・名詞・慣用句など
皇侃  智侃  戸津侃  坂崎侃  川田侃  副島侃二  直翁智侃  石川侃斎  愚直師侃  菊池侃二  笠置侃一  本多侃士    ...

皇侃の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

伊沢蘭軒」より 著者:森鴎外
費した。論語義疏と内経との事は省略に従がふこととしたい。※斎の書牘には単に「義疏」と云つてある。それを皇侃《くわうかん》の論語義疏と解するのは、嘗て寛延板が※※《けいへい》本に※《なら》つて変改してあるの....
孔子」より 著者:和辻哲郎
、王粛《おうしゅく》などの学者は、周到な考察を受けている。さらに著者は何晏「集解」の疏釈をも追究して、皇侃《おうがん》、※※《けいへい》をはじめ、清朝の考証学者|劉宝楠《りゅうほうなん》、潘維城《はんいじ....
[熟語リンク]
-皇を含む熟語
-侃を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「皇侃」例文/複合語/意味