甫を含む熟語・慣用句・名詞など

甫を含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

甫の付く文字数別熟語

二字熟語
新甫年甫杜甫一甫[人名]・雲甫[人名]・三甫[人名]・正甫[人名]・甫竹[人名]・祐甫[人名]
>>2字熟語一覧
三字熟語
皇甫謐仲山甫関載甫[人名]・高橋甫[人名]・黒田甫[人名]・佐藤甫[人名]・佐波甫[人名]・重宗甫[人名]・森白甫[人名]
>>3字熟語一覧
四字熟語
小瀬甫庵[人名]・箕作阮甫[人名]・桂川甫周[人名]・依田雄甫[人名]・衣関甫軒[人名]・井上正甫[人名]・英甫永雄[人名]・塩月桃甫[人名]・荻生玄甫[人名]
>>4字熟語一覧
五字熟語
五十嵐道甫[人名]・押小路甫子[人名]・海老原新甫[人名]・御園生翁甫[人名]・小野崎尚甫[人名]・大甫七重郎[人名]・田村沖之甫[人名]・独笑庵山甫[人名]・本阿弥光甫[人名]
>>5字熟語一覧
>>6字熟語一覧
六字熟語

甫を含む11文字以上の言葉・ことわざなど

文章中に「甫」が使われいる作品・書籍

木曽義仲論」より 著者:芥川竜之介
語を耳にして大勢を算す、唯大なる眼の人たるを要す。相印を帯びて天下に臨む、或は一滴の涙なきも可也。李林の半夜高堂に黙思するや、明日必殺ありしと云ふが如き、豈此間の消息を洩すものにあらずや。然りと雖も、三....
骨董羹」より 著者:芥川竜之介
もうどうひきう》あらざる可らずと云ふ代議士あり。昔は姜度《きやうと》の子《こ》を誕《たん》するや、李林《りりんぼ》|手《しゆ》書を作つて曰《いはく》、聞く、弄※《ろうしやう》の喜《よろこび》ありと。客之....
伝吉の敵打ち」より 著者:芥川竜之介
く》である。もっともこの「ふとしたこと」には二つ三《み》つ異説のない訣《わけ》でもない。 まず田代玄《たしろげんぽ》の書いた「旅硯《たびすずり》」の中の文によれば、伝吉は平四郎の髷《まげ》ぶしへ凧《た....
スポンサーリンク