鵜を含む熟語・慣用句・名詞など

鵜を含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

鵜の付く文字数別熟語

二字熟語
荒鵜河鵜川鵜鵜祭鵜舟鵜匠鵜川鵜縄
>>2字熟語一覧
三字熟語
鵜飼い鵜飼部鵜呑み鵜山仁[人名]・鵜沢寿[人名]
>>3字熟語一覧
四字熟語
鵜の足貝鵜戸神宮鵜飼い火鵜飼い舟鵜松明樺鵜高重三[人名]・鵜崎鷺城[人名]・鵜崎多一[人名]・鵜飼技美[人名]
>>4字熟語一覧
五字熟語
鵜の巣断崖鵜の目硫黄鵜崎庚午郎[人名]・鵜飼郁次郎[人名]・鵜飼屋甚蔵[人名]・鵜沼勇四郎[人名]・鵜殿団次郎[人名]・鵜殿余野子[人名]・鵜川の小鮎
>>5字熟語一覧
六字熟語
鵜の目鷹の目鵜飼吉左衛門[人名]・烏を鵜に使う烏が鵜の真似
>>6字熟語一覧
>>7字熟語一覧

鵜を含む11文字以上の言葉・ことわざなど

文章中に「鵜」が使われいる作品・書籍

駅伝馬車」より 著者:アーヴィングワシントン
な、彼を仰いで神の御託宣とあがめ、彼の口癖の文句を大事に覺えこみ、馬や博勞の話題について彼の語る意見を呑みにし、わけても懸命になつて彼の風來物腰を眞似るのである。どんなやくざ者でも、苟くも外套を着てゐれ....
往生絵巻」より 著者:芥川竜之介
。見えるのは唯浪ばかりぢや。阿弥陀仏の生まれる国は、あの浪の向ふにあるかも知れぬ。もし身共《みども》が《う》の鳥ならば、すぐに其処へ渡るのぢやが、……しかしあの講師も阿弥陀仏には、広大無辺《くわうだいむ....
鴨猟」より 著者:芥川竜之介
である。しかしかゝる禽獣殺戮業の大家が三人も揃っている癖に、一羽もその日は鴨は獲れない。いや、鴨たるとたるを問わず品川沖におりている鳥は僕等の船を見るが早いか、忽ち一斉に飛び立ってしまう。桂月先生はこの....
スポンサーリンク