撻書き順 » 撻の熟語一覧 »鞭撻の読みや書き順(筆順)

鞭撻の書き順(筆順)

鞭の書き順アニメーション
鞭撻の「鞭」の書き順(筆順)動画・アニメーション
撻の書き順アニメーション
鞭撻の「撻」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

鞭撻の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. べん-たつ
  2. ベン-タツ
  3. ben-tatsu
鞭18画 撻16画 
総画数:34画(漢字の画数合計)
鞭撻
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
鞭撻と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
撻鞭:つたんべ
撻を含む熟語・名詞・慣用句など
鞭撻    ...

鞭撻の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

疑惑」より 著者:芥川竜之介
一切打ち明けなければなりますまい。それが小心な私には、いざと云う場合に立ち至ると、いかに自《みずか》ら鞭撻しても、断行する勇気が出なかったのでございます。私は何度となく腑甲斐《ふがい》ない私自身を責めまし....
着物」より 著者:芥川竜之介
。――諸君この男も一度は着換へをして出て来た事を思ひ出してやり給へ。さうして今後も着換へをするやうに、鞭撻《べんたつ》の労を執つてくれ給へ。」 大ぜいの中には「ヒイア、ヒイア」と声援を与へた向きもある、....
飯田蛇笏」より 著者:芥川竜之介
うに時時句作を試みている。が、一度句作に遠ざかった祟りには忽ち苦吟に陥ってしまう。どうも蛇笏君などから鞭撻を感じた往年の感激は返らないらしい。所詮下手は下手なりに句作そのものを楽しむより外に安住する所はな....
[熟語リンク]
-鞭を含む熟語
-撻を含む熟語
類語・類義語辞典
-鞭撻の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「鞭撻」例文/複合語/意味