唸書き順 » 唸の熟語一覧 »唸り声の読みや書き順(筆順)

唸り声の書き順(筆順)

唸の書き順アニメーション
唸り声の「唸」の書き順(筆順)動画・アニメーション
りの書き順アニメーション
唸り声の「り」の書き順(筆順)動画・アニメーション
声の書き順アニメーション
唸り声の「声」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

唸り声の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. うなり-ごえ
  2. ウナリ-ゴエ
  3. unari-goe
唸11画 声7画 
総画数:18画(漢字の画数合計)
唸り聲
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:3文字(3字熟語リストを表示する) - 読み:5文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
唸り声と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
声り唸:えごりなう
唸を含む熟語・名詞・慣用句など
唸り声  唸り独楽  金が唸る  唸った事  大向こうを唸らせる    ...

唸り声の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

玄鶴山房」より 著者:芥川竜之介
た板葺《いたぶ》き屋根や蚕臭《かいこくさ》い桑ボヤを思い出した。が、その記憶もつづかなかった。彼は時々唸り声の間に観音経を唱えて見たり、昔のはやり歌をうたって見たりした。しかも「妙音観世音《みょうおんかん....
首が落ちた話」より 著者:芥川竜之介
が、何小二は馬の背に揺られながら、創の痛みで唸っていた。が、彼の食いしばった歯の間を洩れる声には、ただ唸り声と云う以上に、もう少し複雑な意味がある。と云うのは、彼は独り肉体的の苦痛のためにのみ、呻吟《しん....
科学の不思議」より 著者:伊藤野枝
した。二人がいろ/\話し合つてゐると、地の下から鈍い深みのある音が聞えました。それは水閘《みずせき》の唸り声のやうでした。そして同時に地の中へ追ひやられるやうによろ/\しました。が、それだけで何事もありま....
[熟語リンク]
-唸を含む熟語
-りを含む熟語
-声を含む熟語
類語・類義語辞典
-唸り声の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「唸り声」例文/複合語/意味