埓を含む熟語・慣用句・名詞など

埓を含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

埓の付く文字数別熟語

二字熟語
三字熟語
四字熟語
五字熟語
六字熟語

埓を含む11文字以上の言葉・ことわざなど

文章中に「埓」が使われいる作品・書籍

或日の大石内蔵助」より 著者:芥川竜之介
はない。しかも讐家《しゅうか》の放った細作《さいさく》は、絶えず彼の身辺を窺《うかが》っている。彼は放《ほうらつ》を装って、これらの細作の眼を欺くと共に、併せてまた、その放に欺かれた同志の疑惑をも解か....
水の三日」より 著者:芥川竜之介
社へ電話をかけてせっせとはがきを取寄せる。誰でも皆せっせとやる。何をやるのでもせっせとやる。その代わり《らち》のあくことおびただしい。窓から外を見ると運動場は、処々に水のひいた跡の、じくじくした赤土を残....
妖婆」より 著者:芥川竜之介
を餌にあの婆を釣った結果、妾《めかけ》にする約束をさせたのだそうです。が、それだけなら、ともかくも金で《らち》の開く事ですが、ここにもう一つ不思議な故障があるのは、お敏を手離すと、あの婆が加持も占も出来....
スポンサーリンク