徂書き順 » 徂の熟語一覧 »荻生徂徠の読みや書き順(筆順)

荻生徂徠[人名]の書き順(筆順)

荻の書き順アニメーション
荻生徂徠の「荻」の書き順(筆順)動画・アニメーション
生の書き順アニメーション
荻生徂徠の「生」の書き順(筆順)動画・アニメーション
徂の書き順アニメーション
荻生徂徠の「徂」の書き順(筆順)動画・アニメーション
徠の書き順アニメーション
荻生徂徠の「徠」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

荻生徂徠の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. おぎゅう-そらい
  2. オギュウ-ソライ
  3. ogyuu-sorai
荻10画 生5画 徂8画 徠11画 
総画数:34画(漢字の画数合計)
荻生徂徠
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:4文字(4字熟語リストを表示する) - 読み:7文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
荻生徂徠と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
徠徂生荻:いらそうゅぎお
徂を含む熟語・名詞・慣用句など
物徂徠  徂徠学派  荻生徂徠  室積徂春    ...

荻生徂徠の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

侏儒の言葉」より 著者:芥川竜之介
苟《いやし》くもちゃんと知っている以上、行わずにすませられる筈《はず》はないと確信している為であろう。荻生徂徠 荻生徂徠《おぎゅうそらい》は煎《い》り豆《まめ》を噛《か》んで古人を罵るのを快としている....
星座」より 著者:有島武郎
ける傑出《けっしゅつ》した哲学者であり、また人間であると思った。儒学《じゅがく》最盛期《さいせいき》の荻生徂徠《おぎゅうそらい》が濫《みだ》りに外来の思想を生嚼《なまかじ》りして、それを自己という人間にま....
侏儒の言葉」より 著者:芥川竜之介
を持つてゐる余り、苟くもちやんと知つてゐる以上、行はずにすませられる筈はないと確信してゐる為であらう。荻生徂徠 荻生徂徠は煎《い》り豆を噛んで古人を罵るのを快としてゐる。わたしは彼の煎り豆を噛んだのは倹....
[熟語リンク]
-荻を含む熟語
-生を含む熟語
-徂を含む熟語
-徠を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「荻生徂徠」例文/複合語/意味