業書き順 » 業の熟語一覧 »業果の読みや書き順(筆順)

業果の書き順(筆順)

業の書き順アニメーション
業果の「業」の書き順(筆順)動画・アニメーション
果の書き順アニメーション
業果の「果」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

業果の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ごう-か
  2. ゴウ-カ
  3. gou-ka
業13画 果8画 
総画数:21画(漢字の画数合計)
業果
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
業果と同一の読み又は似た読み熟語など
永劫回帰  強姦  業火  業感  金剛界  結合角  剛塊  号火  合格  合巻  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
果業:かうご
業を含む熟語・名詞・慣用句など
悪業  偉業  意業  遺業  一業  因業  引業  営業  王業  何業  稼業  課業  画業  開業  学業  勧業  官業  企業  機業  起業  休業  旧業  虚業  漁業  競業  協業  興業  業因  業果  業火  業界  業感  業間  業況  業苦  業垢  業際  業作  業事  業者    ...

業果の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

火の柱」より 著者:木下尚江
最後の書状を兼吉へ送り越したのです、――到底《たうてい》自分は此の苦境を逃がれることの出来ぬ何等過去の業果と思ふから、此の肉体をば餓鬼《がき》の如き男子の飜弄《ほんろう》に一任するが、然《し》かし郎君《あ....
天地有情」より 著者:土井晩翠
べぞなき、 納めも受けむ贈られし 素衣巾幗のあなどりも、 陣を堅うし手を束ね 魏軍守りて出ざりき。 鴻業果たし收むべき その時天は貸さずして 出師なかばに君病みぬ、 三顧の遠きむかしより 夢寐も忘れぬ君の....
処女の純潔を論ず」より 著者:北村透谷
。仏が魔か、魔が仏か、一なるが如く他なるが如く、紛乱錯綜いづれをいづれと定め難し。斯くの如くにして業因業果の全く盈満《えいまん》するまでは、一箭《いつせん》の飛んで勢の尽くるまでは、落ちざるが如きを示せり....
[熟語リンク]
-業を含む熟語
-果を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「業果」例文/複合語/意味