業書き順 » 業の熟語一覧 »業火の読みや書き順(筆順)

業火の書き順(筆順)

業の書き順アニメーション
業火の「業」の書き順(筆順)動画・アニメーション
火の書き順アニメーション
業火の「火」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

業火の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ごう-か
  2. ゴウ-カ
  3. gou-ka
業13画 火4画 
総画数:17画(漢字の画数合計)
業火
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
業火と同一の読み又は似た読み熟語など
永劫回帰  強姦  業果  業感  金剛界  結合角  剛塊  号火  合格  合巻  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
火業:かうご
業を含む熟語・名詞・慣用句など
悪業  偉業  意業  遺業  一業  因業  引業  営業  王業  何業  稼業  課業  画業  開業  学業  勧業  官業  企業  機業  起業  休業  旧業  虚業  漁業  競業  協業  興業  業因  業果  業火  業界  業感  業間  業況  業苦  業垢  業際  業作  業事  業者    ...

業火の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

文芸的な、余りに文芸的な」より 著者:芥川竜之介
くだすゐ》」と呼んだ東洋詩的情緒のある小宇宙である。そこにはたとひ娑婆苦《しやばく》はあつても、地獄の業火《ごふくわ》は燃えてゐない。けれども正宗氏はこの地面の下に必ず地獄を覗《のぞ》かせてゐる。僕は確か....
邪宗門」より 著者:芥川竜之介
は、一旦|命終《めいしゅう》の時に及んで、たちまち阿鼻叫喚《あびきょうかん》の地獄に堕《お》ち、不断の業火《ごうか》に皮肉を焼かれて、尽未来《じんみらい》まで吠え居ろうぞ。ましてその天上皇帝の遺《のこ》さ....
地獄変」より 著者:芥川竜之介
、舞ひ狂つて居るのでございます。 こればかりでも、随分人の目を驚かす筆勢でございますが、その上に又、業火《ごふくわ》に焼かれて、転々と苦しんで居ります罪人も、殆ど一人として通例の地獄絵にあるものはござい....
[熟語リンク]
-業を含む熟語
-火を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「業火」例文/複合語/意味