業書き順 » 業の熟語一覧 »何業の読みや書き順(筆順)

何業の書き順(筆順)

何の書き順アニメーション
何業の「何」の書き順(筆順)動画・アニメーション
業の書き順アニメーション
何業の「業」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

何業の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. なに-わざ
  2. ナニ-ワザ
  3. nani-waza
何7画 業13画 
総画数:20画(漢字の画数合計)
何業
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
何業と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
業何:ざわにな
業を含む熟語・名詞・慣用句など
悪業  偉業  意業  遺業  一業  因業  引業  営業  王業  何業  稼業  課業  画業  開業  学業  勧業  官業  企業  機業  起業  休業  旧業  虚業  漁業  競業  協業  興業  業因  業果  業火  業界  業感  業間  業況  業苦  業垢  業際  業作  業事  業者    ...

何業の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

寄席と芝居と」より 著者:岡本綺堂
ので、供の伝吉はおどろき恐れて中途から引き返そうと云い出したが、円朝は勇気を励まして進んだ。紀行には「何業も命がけなりと胸を据ゑ」とある。わが職業については一身を賭《と》する覚悟である。この紀行の一編、読....
良夜」より 著者:饗庭篁村
え、それ迄は狭くとも堪《こらえ》てここに居りたまえ」と頼もしく言われたり。この家は裏家なれど清く住なし何業とはなけれど豊げなり。後に聞けばその辺三四ヶ所の地所家作の差配《さはい》をなす者なりとぞ。予がこの....
仏教人生読本」より 著者:岡本かの子
の成功であったりというような人は別として、多くの人はある時期において「さて自分は何者になったらよいか、何業が自分の性質に適するであろうか」を冥想しなければならぬ時期に行き当るでしょう。そういう時、人々はど....
[熟語リンク]
-何を含む熟語
-業を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「何業」例文/複合語/意味