琴を含む熟語・慣用句・名詞など

琴を含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

琴の付く文字数別熟語

二字熟語
玉琴琴歌琴管琴曲琴座琴師琴糸琴責琴占
>>2字熟語一覧
三字熟語
琴ヶ浜琴の琴琴の緒琴歌譜琴古流琴後集琴後集琴水母琴柱棒
>>3字熟語一覧
四字熟語
浦上春琴[人名]・曲亭馬琴玉の小琴琴棋書画琴高仙人琴桜傑将[人名]・琴柱火灯琴柱角叉近藤真琴
>>4字熟語一覧
五字熟語
東流二弦琴琴ケ浜貞雄[人名]・琴欧洲勝紀[人名]・琴光喜啓司[人名]・琴奨菊和弘[人名]・琴通舎英賀[人名]・琴通舎雅海[人名]・琴通舎康楽[人名]・琴富士孝也[人名]
>>5字熟語一覧
六字熟語
断琴の交わり阿古屋の琴責琴線に触れる藤原琴節郎女[人名]
>>6字熟語一覧

琴を含む11文字以上の言葉・ことわざなど

文章中に「琴」が使われいる作品・書籍

クリスマス・イーヴ」より 著者:アーヴィングワシントン
走祝うて、 風もあらしも寄せつけまいぞ……云々」 晩食のお蔭で誰も彼も陽氣になつてゐた、で、老竪師が召使部屋から呼びだされて來た、彼は一晩中そこで絃をぶるんぶるん鳴し續けてゐたのであつた。この男は....
隅田の春」より 著者:饗庭篁村
澹、世称為西鶴再生、而余素愛曲亭才学、故前聯及之、 巨細相兼不並侵、審論始識適幽襟、鶴翁才気元天性、叟文章見苦心、戯※諷人豈云浅、悲歌寓意一何深、梅花香底伝佳話、只少黄昏春月臨 まことに此時《このと....
」より 著者:芥川竜之介
ない程散らかつてゐた。その中に若い細君の存在を語つてゐるものは、唯床の間の壁に立てかけた、新しい一面のだけであつた。信子はかう云ふ周囲から、暫らく物珍しい眼を離さなかつた。「来ることは手紙で知つてゐた....
スポンサーリンク