煽書き順 » 煽の熟語一覧 »煽るの読みや書き順(筆順)

煽るの書き順(筆順)

煽の書き順アニメーション
煽るの「煽」の書き順(筆順)動画・アニメーション
るの書き順アニメーション
煽るの「る」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

煽るの読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. あふる
  2. アフル
  3. afuru
煽14画 
総画数:14画(漢字の画数合計)
煽る
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
煽ると同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
る煽:るふあ
煽を含む熟語・名詞・慣用句など
煽情  煽ち  煽る  煽つ  煽ぐ  煽る  煽つ  煽て  煽動  煽惑  煽石  煽り  煽動罪  煽り風  煽り足  煽り窓  煽ち風  買い煽る  煽り買い  煽り返し  煽り止め  煽ち貧乏  煽り立てる  煽り付ける  煽ぎ立てる  煽りを食う    ...

煽るの使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

鳥影」より 著者:石川啄木
、白茶の繻珍の帶も配色がよく、生際の美しい髮を油氣なしのエス卷に結つて、幅廣の鼠のリボンを生温かい風が煽る。化粧《よそほ》つてはゐないが、七難隱す色白に、長い睫毛《まつげ》と恰好のよい鼻、よく整つた顏容《....
三太郎の日記 第三」より 著者:阿部次郎
で云つてのければ特別の注意をひかずにすむところでも、君のやうな物の云ひやうをすると却つて他人の好奇心を煽るやうなことになるのだ。君の逡巡と内氣とは、却つて君の見せるを敢てしないところにまで、此處に注目せよ....
三太郎の日記 第二」より 著者:阿部次郎
ほ理想として特殊の價値を有する。此價値を證《あか》しするは、未來を洞察する豫感の力である。實現の要求を煽る現在の心熱である。刹那刹那に新生面を開展し行く現實の進歩である。 大なる理想を孕める者は、その理....
[熟語リンク]
-煽を含む熟語
-るを含む熟語
類語・類義語辞典
-煽るの類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「煽る」例文/複合語/意味