煽書き順 » 煽の熟語一覧 »煽りの読みや書き順(筆順)

煽りの書き順(筆順)

煽の書き順アニメーション
煽りの「煽」の書き順(筆順)動画・アニメーション
りの書き順アニメーション
煽りの「り」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

煽りの読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. あおり
  2. アオリ
  3. aori
煽14画 
総画数:14画(漢字の画数合計)
煽り
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
煽りと同一の読み又は似た読み熟語など
障泥烏賊  障泥板  障泥  泥障  煽り窓  煽り足  煽り風  煽り止め  煽り付ける  煽り立てる  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
り煽:りおあ
煽を含む熟語・名詞・慣用句など
煽情  煽ち  煽る  煽つ  煽ぐ  煽る  煽つ  煽て  煽動  煽惑  煽石  煽り  煽動罪  煽り風  煽り足  煽り窓  煽ち風  買い煽る  煽り買い  煽り返し  煽り止め  煽ち貧乏  煽り立てる  煽り付ける  煽ぎ立てる  煽りを食う    ...

煽りの使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

素戔嗚尊」より 著者:芥川竜之介
を渡って来る風に吹かれていた。風は柏の小枝を揺《ゆす》って、折々枝頭の若芽の※《におい》を日の光の中に煽り立てた。が、彼にはその風が、彼の耳元を流れる度に、こう云う言葉を細々と囁《ささや》いて行くように思....
かんかん虫」より 著者:有島武郎
になると云う事も、一つの大なる期待ではあったが、軈て現われ来るべき大事件は若い好奇心と敵愾心とを極端に煽り立てて、私は勇士を乘せて戦場に駆け出そうとする牡馬の様に、暗闇の中で眼を輝かした。 とうとう仕事....
寡婦」より 著者:秋田滋
の寡婦として通して来たと申したほうが好いのでしょう。私はその少年のあどけない愛情を弄んだのです。それを煽り立てさえいたしました。一人前の男にたいするように、媚を見せたり、水を向けたり、愛撫をしたりしました....
[熟語リンク]
-煽を含む熟語
-りを含む熟語
類語・類義語辞典
-煽りの類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「煽り」例文/複合語/意味