鶏書き順 » 鶏の熟語一覧 »鶏冠の読みや書き順(筆順)

鶏冠の書き順(筆順)

鶏の書き順アニメーション
鶏冠の「鶏」の書き順(筆順)動画・アニメーション
冠の書き順アニメーション
鶏冠の「冠」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

鶏冠の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. さか
  2. サカ
  3. saka
鶏19画 冠9画 
総画数:28画(漢字の画数合計)
鷄冠
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:2文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
鶏冠と同一の読み又は似た読み熟語など
まさかの時  一が栄える  一期栄える  一盛り  一花咲かせる  七の賢しき人  三坂峠  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
冠鶏:かさ
鶏を含む熟語・名詞・慣用句など
闘鶏  秧鶏  地鶏  鶏鳴  鶏鉾  鶏糞  鶏飯  鶏肉  鶏頭  鶏旦  鶤鶏  鶏窓  竹鶏  鶏舌  鶏人  鶏卵  若鶏  沙鶏  木鶏  野鶏  養鶏  雷鶏  水鶏  食鶏  鶏冠  砂鶏  初鶏  水鶏  鶏魚  鶏聟  鶏肋  鶏林  鶏人  鶏唱  鶏冠  鶏冠  山鶏  綬鶏  軍鶏  銀鶏    ...

鶏冠の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

神神の微笑」より 著者:芥川竜之介
いる、――それがあるいは空を飛んだり、あるいはそこここを駈けまわったり、ほとんど彼の眼に見える限りは、鶏冠《とさか》の海にしているのだった。 「御主、守らせ給え!」 彼はまた十字を切ろうとした。が、彼の....
草あやめ」より 著者:泉鏡花
頬の円《まろ》きが莞爾莞爾《にこにこ》して、へい/\召しましと荷を下ろし、穎割葉《かひわりば》の、蒼き鶏冠《とさか》の、いづれも勢よきを、日に焼けたる手して一ツ一ツ取出すを、としより、弟、またお神楽座《か....
幸福のうわおいぐつ」より 著者:アンデルセンハンス・クリスチャン
んとくさい脂で味をつけた水っぽいスープとでした。そのくさい脂がサラダのおもな味でした。かびくさい卵と、鶏冠《とさか》の焼いたのが一とうのごちそうでした。ぶどう酒《しゅ》までがへんな味がしました。それはたま....
[熟語リンク]
-鶏を含む熟語
-冠を含む熟語
類語・類義語辞典
-鶏冠の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「鶏冠」例文/複合語/意味