す書き順 » すの熟語一覧 »解すの読みや書き順(筆順)

解すの書き順(筆順)

解の書き順アニメーション
解すの「解」の書き順(筆順)動画・アニメーション
すの書き順アニメーション
解すの「す」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

解すの読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ほごす
  2. ホゴス
  3. hogosu
解13画 
総画数:13画(漢字の画数合計)
解す
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
解すと同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
す解:すごほ
すを含む熟語・名詞・慣用句など
馳す  煤す  曝す  撫す  絆す  回す  廻す  坐す  座す  在す  晒す  蘇す  兆す  曝す  萌す  甦す  溢す  略す  没す  解す  解す  解す  暈す  博す  逃す  偃す  黏す  誑す  騙す  託す  耕す  耕す  卒す  卒す  呪す  漉す  貶す  解す  下す  期す    ...

解すの使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

あの頃の自分の事」より 著者:芥川竜之介
々は音楽に縁が遠い人間だつたのである。が、その自分も無暗に音楽会を聞いて歩いただけで、鑑賞は元より、了解する事も頗《すこぶる》怪しかつた。先《まづ》一番よくわかるものは、リストに止めをさしてゐた。何時か帝....
河童」より 著者:芥川竜之介
、それだけでも憂鬱になり易かつたのです。」 「何か書いてゐたと云ふことですが。」 哲学者のマツグは弁解するやうにかう独り語を洩らしながら、机の上の紙をとり上げました。僕等は皆頸をのばし、(尤も僕だけは例....
大久保湖州」より 著者:芥川竜之介
記私言数則」は悉《ことごとく》このことに及んでゐる。 「事実に依りて心術を悟り、心術を悟りて更に事実を解す。然れども其間往々矛盾するものあり。人は外界の事情に制せられて、己れの意志を枉《ま》げて心ならざる....
[熟語リンク]
-解を含む熟語
-すを含む熟語
類語・類義語辞典
-解すの類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「解す」例文/複合語/意味