眇を含む熟語・慣用句・名詞など

眇を含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

眇の付く文字数別熟語

二字熟語
眇然眇目
>>2字熟語一覧
>>3字熟語一覧
>>4字熟語一覧
>>5字熟語一覧
>>6字熟語一覧
>>7字熟語一覧
>>8字熟語一覧
>>9字熟語一覧
>>10字熟語一覧
三字熟語
四字熟語
五字熟語
六字熟語

眇を含む11文字以上の言葉・ことわざなど

文章中に「眇」が使われいる作品・書籍

あばばばば」より 著者:芥川竜之介
のぞ》きこみながら、「マツチを一つくれ給へ」と云つた。店先には高い勘定台《かんぢやうだい》の後ろに若い《すがめ》の男が一人、つまらなさうに佇《たたず》んでゐる。それが彼の顔を見ると、算盤《そろばん》を竪....
戯作三昧」より 著者:芥川竜之介
大きな声をあげて笑った。その声に驚かされたのであろう。側《かたわら》で湯を浴びていた小柄な、色の黒い、《すがめ》の小銀杏《こいちょう》が、振り返って平吉と馬琴とを見比べると、妙な顔をして流しへ痰《たん》....
戯作三昧」より 著者:芥川竜之介
大きな声をあげて笑つた。その声に驚かされたのであらう。側《かたはら》で湯を浴びてゐた小柄な、色の黒い、《すがめ》の小銀杏が、振返つて平吉と馬琴とを見比べると、妙な顔をして流しへ痰《たん》を吐いた。「貴....
スポンサーリンク