瞿を含む熟語・慣用句・名詞など

瞿を含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

瞿の付く文字数別熟語

二字熟語
瞿然瞿曇瞿麦瞿麦
>>2字熟語一覧
三字熟語
瞿秋白瞿秋白瞿麦色
>>3字熟語一覧
>>4字熟語一覧
>>5字熟語一覧
>>6字熟語一覧
>>7字熟語一覧
>>8字熟語一覧
>>9字熟語一覧
>>10字熟語一覧
四字熟語
五字熟語
六字熟語

瞿を含む11文字以上の言葉・ことわざなど

文章中に「瞿」が使われいる作品・書籍

南洲手抄言志録」より 著者:秋月種樹
いとう》を被《き》、朱室《しゆざや》の長劒《ちやうけん》を佩《さ》して南洲を邀《むか》ふ。南洲一見して然《くぜん》たり。乃ち室内に入る、一大白を屬《ぞく》して酒《さけ》を侑《すゝ》めらる。南洲は素《も》....
奇遇」より 著者:芥川竜之介
《ひとごと》に、王生の話を吹聴《ふいちょう》した。最後にその話が伝わったのは、銭塘《せんとう》の文人|祐《くゆう》である。祐はすぐにこの話から、美しい渭塘奇遇記《いとうきぐうき》を書いた。…… ....
三枚続」より 著者:泉鏡花
助と同一《おなじ》新聞社の探訪員で、竹永|丹平《たんぺい》というのであった。 三十六 軒の柳、出窓の麦《なでしこ》、お夏の柳屋は路地の角で、人形町|通《どおり》のとある裏町。端から端へ吹通す風は、目に....
スポンサーリンク