瞿書き順 » 瞿の熟語一覧 »瞿曇の読みや書き順(筆順)

瞿曇の書き順(筆順)

瞿の書き順アニメーション
瞿曇の「瞿」の書き順(筆順)動画・アニメーション
曇の書き順アニメーション
瞿曇の「曇」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

瞿曇の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. くどん
  2. クドン
  3. kudon
瞿18画 曇16画 
総画数:34画(漢字の画数合計)
瞿曇
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
瞿曇と同一の読み又は似た読み熟語など
雪山鶴曇  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
曇瞿:んどく
瞿を含む熟語・名詞・慣用句など
瞿然  瞿曇  瞿麦  瞿麦  瞿秋白  瞿秋白  瞿麦色    ...

瞿曇の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

東西交通史上より観たる日本の開発」より 著者:桑原隲蔵
つたが、玄宗時代に改暦の氣運が熟すると、當時の太史監で後世の天文臺長ともいふべき位置に在つた、印度人の瞿曇悉達(〔Gautama Siddha'rta〕)といふ天文學者は、印度暦の名譽を發揮するには、この....
努力論」より 著者:幸田露伴
所以のものを發輝しようと努めて居るのが、人類の血を以て描いた五六千年の歴史である。基督も此の爲に死し、瞿曇も此の爲に苦み、孔子も此の爲に痩せ、老※も此の爲に饒舌を敢てして居るのである。人はたゞ單に黒鴉白鷺....
法句経」より 著者:荻原雲来
「虎を第五とせるもの」の義なり。以上の注釋の義、北方所傳は發智論第二十に出づ、少しく異あり。 二九六瞿曇の弟子は恆に善く醒めて覺る、彼等は晝も夜も常に佛を念ず。 瞿曇―釋巧の姓なり。 二九七 瞿曇の....
[熟語リンク]
-瞿を含む熟語
-曇を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「瞿曇」例文/複合語/意味