笊を含む熟語・慣用句・名詞など

笊を含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

笊の付く文字数別熟語

二字熟語
目笊笊貝笊器笊碁笊耳笊法笊籬
>>2字熟語一覧
三字熟語
朝顔笊笊蕎麦
>>3字熟語一覧
四字熟語
米揚げ笊
>>4字熟語一覧
>>5字熟語一覧
>>6字熟語一覧
>>7字熟語一覧
>>8字熟語一覧
>>9字熟語一覧
>>10字熟語一覧
五字熟語
六字熟語

笊を含む11文字以上の言葉・ことわざなど

文章中に「笊」が使われいる作品・書籍

水の三日」より 著者:芥川竜之介
きわめて、その効用を保証した亀《かめ》の子だわしもある。味噌漉《みそこし》の代理が勤まるというなんとか《ざる》もある。羊羹《ようかん》のミイラのような洗たくせっけんもある。草ぼうきもあれば杓子《しゃくし....
百合」より 著者:芥川竜之介
学校友だちの母親だった。彼女は桑を摘《つ》みに来たのか、寝間着に手拭《てぬぐい》をかぶったなり、大きい《ざる》を抱えていた。そうして何か迂散《うさん》そうに、じろじろ二人を見比べていた。「相撲《すもう....
漂泊」より 著者:石川啄木
味《うま》かつたね。』 『二十三で未だ其氣なんだから困つちまうよ。』 『其晩、窃《そつ》と一人で大きい《ざる》を持つて行つて、三十許り盜んで來て、僕に三つ呉れたのは、あれあ誰だつたらう、忠志君。』 忠....
スポンサーリンク