笊書き順 » 笊の熟語一覧 »目笊の読みや書き順(筆順)

目笊の書き順(筆順)

目の書き順アニメーション
目笊の「目」の書き順(筆順)動画・アニメーション
笊の書き順アニメーション
目笊の「笊」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

目笊の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. め-ざる
  2. メ-ザル
  3. me-zaru
目5画 笊10画 
総画数:15画(漢字の画数合計)
目笊
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
目笊と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
笊目:るざめ
笊を含む熟語・名詞・慣用句など
笊籬  笊法  目笊  笊貝  笊器  笊耳  笊碁  笊蕎麦  朝顔笊  米揚げ笊    ...

目笊の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

水の三日」より 著者:芥川竜之介
の向かって右の入口から入れて、ふだんはしめ切ってある、右のとびらをあけて出すことにした。景品はほうきと目笊とせっけんで一組、たわしと何とか笊と杓子で一組、下駄に箸が一膳で一組という割合で、いちばん割の悪い....
婦系図」より 著者:泉鏡花
ろ》を向こうか。」 とお蔦は、下に居る女中の上から、向うの棚へ手を伸ばして、摺鉢《すりばち》に伏せた目笊《めざる》を取る。 「そらよ、こっちが旦《だん》の分。こりゃお源坊のだ。奥様《おくさん》はあらが可....
薄紅梅」より 著者:泉鏡花
はやし》の音がシャラシャラと路地裏の大溝《おおどぶ》へ響く。…… 裏長屋のかみさんが、三河島の菜漬を目笊《めざる》で買いに出るにはまだ早い。そういえば裁縫《おはり》の師匠の内の小女《こおんな》が、たった....
[熟語リンク]
-目を含む熟語
-笊を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「目笊」例文/複合語/意味