糞を含む熟語・慣用句・名詞など

糞を含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

糞の付く文字数別熟語

二字熟語
牛糞胸糞胸糞鶏糞蚕糞人糞脱糞爪糞猫糞
>>2字熟語一覧
三字熟語
兎の糞鳥糞石吐糞症馬糞紙味噌糞珍糞漢糞化石糞掃衣糞度胸
>>3字熟語一覧
四字熟語
朽木糞牆金魚の糞馬糞海胆夜糞峰榛鳥の糞騙糞真面目糞転がし糞落着き
>>4字熟語一覧
五字熟語
擬鳥糞蜘蛛胸糞が悪い糞を食らえ
>>5字熟語一覧
六字熟語
食糞性黄金虫糞分解性昆虫糞桶の紐通し
>>6字熟語一覧

糞を含む11文字以上の言葉・ことわざなど

糞土の牆はぬるべからず
遠きは花の香近きは糞の香

文章中に「糞」が使われいる作品・書籍

或阿呆の一生」より 著者:芥川竜之介
ずに返事をした。「ええ、中々美人ですね。」 二十八 殺人 田舎道は日の光りの中に牛のの臭気を漂はせてゐた。彼は汗を拭ひながら、爪先き上りの道を登つて行つた。道の両側に熟した麦は香ばしい....
好色」より 著者:芥川竜之介
がら、丁度こちらへ歩いて来る。それが赤紙の画扇の陰に、何か筐《はこ》を隠してゐるのは、きつと侍従のした《まり》を捨てに行く所に相違ない。その姿を一目見ると、突然平中の心の中《うち》には、或大胆な決心が、....
骨董羹」より 著者:芥川竜之介
《こんにち》喫《きつ》し得て珍重《ちんちよう》ならば、明日《みやうにち》厠上《しじやう》に瑞光あらん。中の舎利《しやり》、大家《たいか》看《み》よ。(五月三十日) * * * ....
スポンサーリンク