糞書き順 » 糞の熟語一覧 »馬糞の読みや書き順(筆順)

馬糞の書き順(筆順)

馬の書き順アニメーション
馬糞の「馬」の書き順(筆順)動画・アニメーション
糞の書き順アニメーション
馬糞の「糞」の書き順(筆順)動画・アニメーション

馬糞の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ば-ふん
  2. バ-フン
  3. ba-fun
馬10画 糞17画 
総画数:27画(漢字の画数合計)
馬糞
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。

熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
馬糞と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
糞馬:んふば
糞を含む熟語・名詞・慣用句など
蚕糞  糞鮒  野糞  耳糞  糞鳶  鼻糞  目糞  糞嚢  糞鴟  砥糞  尿糞  糞葛  袂糞  糞石  何糞  糞虫  糞虫  糞尿  糞蠅  糞壺  糞桶  人糞  糞力  嘗糞  鶏糞  歯糞  胸糞  胸糞  牛糞  糞土  糞蛙  馬糞  馬糞  猫糞  糞袋  爪糞  糞門  脱糞  糞便  糞詰り    ...
スポンサーリンク

馬糞の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

天鵞絨」より 著者:石川啄木
つた肅《しめ》やかな雨が、夕方近くなつて霽《あが》つた。と穢《きたな》らしい子供等が家々から出て來て、馬糞交りの泥濘を、素足で捏《こ》ね返して、學校で習つた唱歌やら流行歌やらを歌ひ乍ら、他愛もなく騷いでゐ....
槍ヶ岳紀行」より 著者:芥川竜之介
返りながら、渋々又歩き出した。私は多少不快であつた。 路は次第に険しくなつた。が、馬が通ると見えて、馬糞が所々に落ちてゐた。さうしてその上には、蛇《ぢや》の目《め》蝶《てう》が、渋色の翅を合せた儘、何羽....
馬鈴薯からトマト迄」より 著者:石川三四郎
たので、兵隊さんが絶えず来宿した。大きな厩があつたので、馬の宿にも当てられた。其為に肥料として最も佳い馬糞が有り余るほど貯へられてあつた。畠をうなふ前に私はブルエツト(小車)で何十回といふ程、其馬糞を運び....
[熟語リンク]
-馬を含む熟語
-糞を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「馬糞」例文/複合語/意味