耋を含む熟語・慣用句・名詞など

耋を含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

耋の付く文字数別熟語

二字熟語
三字熟語
四字熟語
五字熟語
六字熟語

耋を含む11文字以上の言葉・ことわざなど

文章中に「耋」が使われいる作品・書籍

粟田口霑笛竹(澤紫ゆかりの咲分)」より 著者:三遊亭円朝
ら八山《やつやま》へ参れ、斬殺《ぶッぱな》して遣るから」 かぢ「然《そ》うでも有りましょうが、斯んな老《よぼ》れた老爺《おやじ》を斬ったって殴ったって仕方がないじゃア有りませんか、それは重々悪いから此の....
霧陰伊香保湯煙」より 著者:三遊亭円朝
《まと》めて置いて……貴方最う少し其方《そっち》へお寄んなさいな、此処を広くしていましょう……貴方|寝《ねぼ》けて居ますか、アハヽヽヽ野田に遊んでたので何んだか百姓ばかり乗ってるような心持が致しますね…....
自警録」より 著者:新渡戸稲造
も心を寄せていたか、かえって夜中に結ぶ夢によりて解きうるであろう。佐藤《さとう》一|斎《さい》の『言志録《げんしてつろく》』に、 「感《かん》は是《こ》れ心《こころ》の影子《えいし》なり、夢《ゆめ》は是....
スポンサーリンク