艨を含む熟語・慣用句・名詞など

艨を含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

艨の付く文字数別熟語

二字熟語
三字熟語
四字熟語
五字熟語
六字熟語

艨を含む11文字以上の言葉・ことわざなど

文章中に「艨」が使われいる作品・書籍

骨董羹」より 著者:芥川竜之介
治神宮の用材を賛《さん》して、彬々《ひんひん》たるかな文質と云ふ農学博士あれば、海陸軍の拡張を議して、艟罷休《もうどうひきう》あらざる可らずと云ふ代議士あり。昔は姜度《きやうと》の子《こ》を誕《たん》す....
海島冒険奇譚 海底軍艦」より 著者:押川春浪
《つき》の光《ひかり》を耻《は》ぢ顏《がほ》に。 波濤《はたう》を蹴《け》りて數百《すうひやく》の。艟《まうしやう》旗《はた》を捲《ま》きて北《に》ぐ。逃《のが》るゝ鯨※《げいがく》、追《お》ひ行《....
小説 不如帰 」より 著者:徳冨蘆花
及び軍《いくさ》見物と称する軍令部長を載せし西京丸《さいきょうまる》またその後ろにしたがいつ。十二隻の艟《もうどう》一縦列をなして、午後五時大同江口を離れ、伸びつ縮みつ竜のごとく黄海の潮《うしお》を巻い....
スポンサーリンク