艱書き順 » 艱の熟語一覧 »艱難の読みや書き順(筆順)

艱難の書き順(筆順)

艱の書き順アニメーション
艱難の「艱」の書き順(筆順)動画・アニメーション
難の書き順アニメーション
艱難の「難」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

艱難の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. かん-なん
  2. カン-ナン
  3. kan-nan
艱17画 難18画 
総画数:35画(漢字の画数合計)
艱難
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
艱難と同一の読み又は似た読み熟語など
入管難民法  患難  環南極海流  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
難艱:んなんか
艱を含む熟語・名詞・慣用句など
苦艱  艱険  艱難  艱苦  嶮艱  険艱  難艱  時艱  苦艱  艱嶮  艱難辛苦    ...

艱難の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

或敵打の話」より 著者:芥川竜之介
、左近《さこん》の敵でもあれば、求馬《もとめ》の敵でもあった。が、それよりも先にこの三年間、彼に幾多の艱難を嘗《な》めさせた彼自身の怨敵《おんてき》であった。――甚太夫はそう思うと、日頃沈着な彼にも似合わ....
おしの」より 著者:芥川竜之介
を浄《きよ》め、我々の魂を救うために地上へ御降誕《ごこうたん》なすったのです。お聞きなさい、御一生の御艱難辛苦《ごかんなんしんく》を!」 神聖な感動に充ち満ちた神父はそちらこちらを歩きながら、口早に基督....
侏儒の言葉」より 著者:芥川竜之介
実を忘れている。尊徳の両親は酒飲みでも或は又|博奕《ばくち》打ちでも好い。問題は唯尊徳である。どう云う艱難辛苦《かんなんしんく》をしても独学を廃さなかった尊徳である。我我少年は尊徳のように勇猛の志を養わな....
[熟語リンク]
-艱を含む熟語
-難を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「艱難」例文/複合語/意味