讌を含む熟語・慣用句・名詞など

讌を含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

讌の付く文字数別熟語

二字熟語
讌飲盛讌
>>2字熟語一覧
>>3字熟語一覧
>>4字熟語一覧
>>5字熟語一覧
>>6字熟語一覧
>>7字熟語一覧
>>8字熟語一覧
>>9字熟語一覧
>>10字熟語一覧
三字熟語
四字熟語
五字熟語
六字熟語

讌を含む11文字以上の言葉・ことわざなど

文章中に「讌」が使われいる作品・書籍

国文学の発生(第三稿)」より 著者:折口信夫
に會ふ。(顯宗紀) とあるのは、新甞にも新室が附帶する證據である。允恭紀の七年冬十二月朔日、「新室にす」とあるのも、時から見れば新甞の新室である。「新甞屋《ニヒナベヤ》」と言ふのも、別に新甞の物忌みに....
蒲生氏郷」より 著者:幸田露伴
見て呉りょう、というのであったろう。政宗の方には何様いう企図が有ったか分らぬ。蒲生方では政宗が氏郷を茶《ちゃえん》に招いたのは、正《まさ》に氏郷を数寄屋《すきや》の中で討取ろう為であったと明記して居る。....
骨董」より 著者:幸田露伴
。松永弾正《まつながだんじょう》でも織田信長でも、風流もなきにあらず、余裕もあった人であるから、皆|茶《ちゃえん》を喜んだ。しかし大煽《おおあお》りに煽ったのは秀吉であった。奥州武士の伊達政宗《だてまさ....
スポンサーリンク