踈を含む熟語・慣用句・名詞など

踈を含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

踈の付く文字数別熟語

二字熟語
三字熟語
四字熟語
五字熟語
六字熟語

踈を含む11文字以上の言葉・ことわざなど

文章中に「踈」が使われいる作品・書籍

高野聖」より 著者:泉鏡花
た、五目飯《ちらし》の下等《かとう》なので。 (やあ、人参《にんじん》と干瓢《かんぺう》ばかりだ、)と匆《そゝ》ツかしく絶叫《ぜつけう》した、私《わたし》の顔《かほ》を見《み》て旅僧《たびそう》は耐《こ....
神鑿」より 著者:泉鏡花
《がけ》の暗《くら》い方《はう》へ入《はい》つたまで。それからは覚《おぼ》えて居《を》らぬ。目《め》は《うと》し、暮方《くれがた》ではあり、やがて暗《くら》くなつて了《しま》つた、と権七《ごんしち》が言....
金色夜叉」より 著者:尾崎紅葉
り。彼等の通学せし頃さへ親々は互に識《し》らで過ぎたりしに、今は二人の往来《おうらい》も漸《やうや》く《うと》くなりけるに及びて、俄《にはか》にその母の来《きた》れるは、如何《いか》なる故《ゆゑ》にか、....
スポンサーリンク