迢を含む熟語・慣用句・名詞など

迢を含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

迢の付く文字数別熟語

二字熟語
真迢[人名]・日迢[人名]
>>2字熟語一覧
三字熟語
釈迢空[人名]・迢空忌
>>3字熟語一覧
>>4字熟語一覧
>>5字熟語一覧
>>6字熟語一覧
>>7字熟語一覧
>>8字熟語一覧
>>9字熟語一覧
>>10字熟語一覧
四字熟語
五字熟語
六字熟語

迢を含む11文字以上の言葉・ことわざなど

文章中に「迢」が使われいる作品・書籍

閑天地」より 著者:石川啄木
※々《ちゆうちゆう》たる憂心を誘ふて犇々《ひしひし》として我が頭上に圧し来るや、郷情|欝《うつ》として遞悲腸《てうていひちやう》ために寸断せらるゝを覚えて、惨々たる血涙せきもあへず、あはれ暮風一曲の古調....
金色夜叉」より 著者:尾崎紅葉
ざりしは誰なるべき。外にこれを求むる能はず、重ねてこれを得べからざる父と母とは、相携へて杳《はるか》に《はるか》に隔つる世の人となりぬ。 炎々たる猛火の裏《うち》に、その父と母とは苦《くるし》み悶《も....
茂吉への返事」より 著者:折口信夫
彦さんは、あなたと比べると、著しく智慧の點に於ては、都人的であると思ひます。此は尠くもあなたゞけには、空は善く考へた、と納得して貰へることゝ思ひます。千樫さんになると、情調に於て都人的要素が多くありすぎ....
スポンサーリンク