止書き順 » 止の熟語一覧 »襟止の読みや書き順(筆順)

襟止[襟止(め)]の書き順(筆順)

襟の書き順アニメーション
襟止の「襟」の書き順(筆順)動画・アニメーション
止の書き順アニメーション
襟止の「止」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

襟止の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. えり-どめ
  2. エリ-ドメ
  3. eri-dome
襟18画 止4画 
総画数:22画(漢字の画数合計)
襟止
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:襟止め
スポンサーリンク
襟止と同一の読み又は似た読み熟語など
襟留  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
止襟:めどりえ
止を含む熟語・名詞・慣用句など
笑止  諫止  制止  遏止  静止  止め  止め  止木  禁止  止弁  止む  止り  止り  挙止  止針  止句  終止  船止  沮止  止す  止水  袖止  車止  波止  阻止  川止  容止  血止  進止  拒止  襟止  廃止  鎌止  止偏  咳止  停止  停止  止痛  防止  止住    ...

襟止の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

小説 不如帰 」より 著者:徳冨蘆花
、鏡台の前に立ちし千鶴子は、小さき箱の蓋《ふた》を開きて、掌《たなそこ》に載せつつ、 「何度見てもこの襟止《びん》はきれいだわ。本当に兄《にい》さんはよくなさるのねエ。内《うち》の――兄さん(これは千鶴子....
かなしき女王」より 著者:マクラウドフィオナ
その肩に垂れていた。肩も胸も両腿も青銅に包まれ、赤とみどりと交った上衣が右の肩にかかって、黄金の大きな襟止《えりどめ》で止めてあった。黄金の黄ろい頸鎖を頸《くび》に巻き、三本の尖頭《とげ》ある黄金の輪を頭....
魚籃坂にて」より 著者:牧野信一
を完全な一箱にして、ミセス・ナンシーといふアメリカの友達に贈つたら、恰度虫類を模造した帽子ピンや指輪や襟止めがハヤつてゐるところで、特に美しい日本の珍品――蜂類がもてはやされて、あちこちで見本にされた、来....
[熟語リンク]
-襟を含む熟語
-止を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「襟止」例文/複合語/意味