易書き順 » 易の熟語一覧 »改易の読みや書き順(筆順)

改易の書き順(筆順)

改の書き順アニメーション
改易の「改」の書き順(筆順)動画・アニメーション
易の書き順アニメーション
改易の「易」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

改易の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. かい-えき
  2. カイ-エキ
  3. kai-eki
改7画 易8画 
総画数:15画(漢字の画数合計)
改易
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
改易と同一の読み又は似た読み熟語など
電解液  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
易改:きえいか
易を含む熟語・名詞・慣用句など
軽易  容易  易い  変易  簡易  易ゆ  改易  貿易  難易  易簀  辟易  周易  険易  交易  交易  易易  健易  易易  変易  三易  算易  存易  易卜  安易  不易  易行  易経  易学  易化  平易  変易  易往  易易  易者  易水  易世  易田  易田  易断  易姓    ...

改易の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

忠義」より 著者:芥川竜之介
もし今日のような雑言《ぞうごん》を、列座の大名衆にでも云ったとしたら、板倉家七千石は、忽《たちま》ち、改易《かいえき》になってしまう。―― 「そこでじゃ。今後は必ずとも、他出無用に致すように、別して、出仕....
妖怪年代記」より 著者:泉鏡花
野の先住に、何某《なにがし》とかや謂《い》ひし武士《ものゝふ》のありけるが、過《あや》まてることありて改易となり、邸《やしき》を追はれて国境《くにざかひ》よりぞ放たれし。其《その》室《しつ》は当時|家中《....
大久保湖州」より 著者:芥川竜之介
の外に言ひ難き懺悔の珠数をば繰らざりしにや。徒士《かち》の者奥の女中に文を送りしとて、徒士頭松平若狭守改易の罪に処せられきと伝ふれば、奥向の規律の厳正なりしを窺ふべし。亦窮屈なる規則の内にても、主人には之....
[熟語リンク]
-改を含む熟語
-易を含む熟語
類語・類義語辞典
-改易の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「改易」例文/複合語/意味