易書き順 » 易の熟語一覧 »変易の読みや書き順(筆順)

変易の書き順(筆順)

変の書き順アニメーション
変易の「変」の書き順(筆順)動画・アニメーション
易の書き順アニメーション
変易の「易」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

変易の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. へん-にゃく
  2. ヘン-ニャク
  3. hen-nyaku
変9画 易8画 
総画数:17画(漢字の画数合計)
變易
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:5文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
変易と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
易変:くゃにんへ
易を含む熟語・名詞・慣用句など
軽易  容易  易い  変易  簡易  易ゆ  改易  貿易  難易  易簀  辟易  周易  険易  交易  交易  易易  健易  易易  変易  三易  算易  存易  易卜  安易  不易  易行  易経  易学  易化  平易  変易  易往  易易  易者  易水  易世  易田  易田  易断  易姓    ...

変易の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

金色夜叉」より 著者:尾崎紅葉
そこで富山ならば親類に持つても可愧《はづかし》からん家格《いへがら》だ。気の毒な思をしてお前との約束を変易《へんがへ》するのも、私たちが一人娘を他《よそ》へ遣つて了ふのも、究竟《つまり》は銘々の為に行末好....
惜みなく愛は奪う」より 著者:有島武郎
の内容は外界の変化と共に変化する。それ故道徳は外界の変化につれてまた変化せざるを得ぬ。 世には道徳の変易性《へんえきせい》を物足らなく思う人が少くないようだ。自分を律して行くべき唯一の規準が絶えず変化せ....
」より 著者:アルチバシェッフミハイル・ペトローヴィチ
早晩これに対して債を求む。自然は何物をも知らず。善悪を知らず。決して或る絶待的なるもの、永遠なるもの、変易せざるものを認めず。人間は自然の子なり。然れども自然は単に人間の母たる者にあらず。何物をも曲庇《き....
[熟語リンク]
-変を含む熟語
-易を含む熟語
類語・類義語辞典
-変易の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「変易」例文/複合語/意味