易書き順 » 易の熟語一覧 »易簀の読みや書き順(筆順)

易簀の書き順(筆順)

易の書き順アニメーション
易簀の「易」の書き順(筆順)動画・アニメーション
簀の書き順アニメーション
易簀の「簀」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

易簀の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. えき-さく
  2. エキ-サク
  3. eki-saku
易8画 簀17画 
総画数:25画(漢字の画数合計)
易簀
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
易簀と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
簀易:くさきえ
易を含む熟語・名詞・慣用句など
軽易  容易  易い  変易  簡易  易ゆ  改易  貿易  難易  易簀  辟易  周易  険易  交易  交易  易易  健易  易易  変易  三易  算易  存易  易卜  安易  不易  易行  易経  易学  易化  平易  変易  易往  易易  易者  易水  易世  易田  易田  易断  易姓    ...

易簀の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

淡島椿岳」より 著者:内田魯庵
た。洋画界の長老|長原止水《ながはらしすい》の如きは最も早くから椿岳を随喜した一人であった。ツイ昨年|易簀《えきさく》した洋画界の羅馬《ローマ》法王たる黒田清輝《くろだせいき》や好事《こうず》の聞え高い前....
鴎外博士の追憶」より 著者:内田魯庵
《めいせき》で、息の通う間は一行でも余計に書残したいというほど元気|旺勃《おうぼつ》としていた精力家の易簀《えきさく》は希望に輝く青年の死を哀《かなし》むと同様な限りない恨事である。 (大正十一年七月十六....
三十年前の島田沼南」より 著者:内田魯庵
か》った。が、若い時には相応に折花攀柳《せっかはんりゅう》の風流に遊んだものだ。その時代の沼南の消息は易簀《えきさく》当時多くの新聞に伝えられた。十年前だった、塚原靖《つかはらしずむ》島田三郎合訳と署した....
[熟語リンク]
-易を含む熟語
-簀を含む熟語
類語・類義語辞典
-易簀の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「易簀」例文/複合語/意味