縁書き順 » 縁の熟語一覧 »銀縁の読みや書き順(筆順)

銀縁の書き順(筆順)

銀の書き順アニメーション
銀縁の「銀」の書き順(筆順)動画・アニメーション
縁の書き順アニメーション
銀縁の「縁」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

銀縁の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ぎん-ぶち
  2. ギン-ブチ
  3. gin-buchi
銀14画 縁15画 
総画数:29画(漢字の画数合計)
銀緣
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
銀縁と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
縁銀:ちぶんぎ
縁を含む熟語・名詞・慣用句など
目縁  初縁  順縁  宿縁  重縁  重縁  格縁  竿縁  衆縁  周縁  所縁  諸縁  外縁  絶縁  榑縁  随縁  親縁  深縁  外縁  情縁  小縁  小縁  社縁  錦縁  血縁  縁福  結縁  結縁  桁縁  銀縁  金縁  近縁  玉縁  血縁  永縁  故縁  御縁  黒縁  笹縁  三縁    ...

銀縁の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

菊池君」より 著者:石川啄木
は、何處かの壯士芝居で見た惡黨辯護士を思出させた。三十五六の、面皰《にきび》だらけな細顏で、髭が無く、銀縁の近眼鏡をかけて居たが、眼鏡越に時々猜疑深い樣な目付をする。 『徐々《そろ/\》始めようぢやありま....
菊池君」より 著者:石川啄木
は、何処かの壮士芝居で見た悪党弁護士を思出させた。三十五六の、面皰《にきび》だらけな細顔で、髯が無く、銀縁の近眼鏡をかけて居たが、眼鏡越に時々|狐疑《うたがひ》深い様な目付をする。 『徐々《そろそろ》始め....
途上」より 著者:嘉村礒多
ので、ひどく父を気の毒に思つて言ひ知れぬ苦しい吐息をついた。帰りがけに父は町の時計屋で蔓《つる》の細い銀縁の眼鏡を私に買つてくれた。――それから約《およ》そ一週日を経ていよ/\決行の日、思ひ設けず雪子に邂....
[熟語リンク]
-銀を含む熟語
-縁を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「銀縁」例文/複合語/意味