禅書き順 » 禅の熟語一覧 »座禅の読みや書き順(筆順)

座禅の書き順(筆順)

座の書き順アニメーション
座禅の「座」の書き順(筆順)動画・アニメーション
禅の書き順アニメーション
座禅の「禅」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

座禅の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ざ-ぜん
  2. ザ-ゼン
  3. za-zen
座10画 禅13画 
総画数:23画(漢字の画数合計)
座禪
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
座禅と同一の読み又は似た読み熟語など
座前  坐禅  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
禅座:んぜざ
禅を含む熟語・名詞・慣用句など
禅宗  禅門  禅律  禅侶  禅林  禅和  禅刹  禅刹  禅榻  封禅  問禅  禅味  禅房  禅杖  禅譲  禅僧  禅定  禅堂  禅道  禅那  禅尼  禅板  禅法  友禅  禅弥  禅恵  快禅  覚禅  禅暁  禅喜  禅観  禅海  教禅  蓮禅  尋禅  禅傑  禅材  禅茂  座禅  坐禅    ...

座禅の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

最終戦争論」より 著者:石原莞爾
られます。 その次の五百年は禅定《ぜんじょう》の時代で、解脱の時代ほど人間が素直でなくなりますから、座禅によって悟りを開く時代であります。以上の千年が正法です。正法千年には、仏教が冥想の国インドで普及し....
淡島椿岳」より 著者:内田魯庵
で東海道を膝栗毛《ひざくりげ》の気散じな旅をした。天龍まで来ると川留《かわどめ》で、半分落ちた橋の上で座禅をしたのが椿岳の最後の奇の吐きじまいであった。 臨終は明治二十二年九月二十一日であった。牛島の梵....
南半球五万哩」より 著者:井上円了
の趣あり。 藉草春郊成結跏、舞埃城外弄清和、牧田千里青如海、一道晴風漲万波。 (草をしいて春の郊外で座禅をするごとくすわり、舞埃城《ブエノスアイレス》の市外ですがすがしさとなごみの気分を味わう。牧場田野....
[熟語リンク]
-座を含む熟語
-禅を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「座禅」例文/複合語/意味