禅書き順 » 禅の熟語一覧 »坐禅の読みや書き順(筆順)

坐禅の書き順(筆順)

坐の書き順アニメーション
坐禅の「坐」の書き順(筆順)動画・アニメーション
禅の書き順アニメーション
坐禅の「禅」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

坐禅の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ざ-ぜん
  2. ザ-ゼン
  3. za-zen
坐7画 禅13画 
総画数:20画(漢字の画数合計)
坐禪
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
坐禅と同一の読み又は似た読み熟語など
座前  座禅  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
禅坐:んぜざ
禅を含む熟語・名詞・慣用句など
禅宗  禅門  禅律  禅侶  禅林  禅和  禅刹  禅刹  禅榻  封禅  問禅  禅味  禅房  禅杖  禅譲  禅僧  禅定  禅堂  禅道  禅那  禅尼  禅板  禅法  友禅  禅弥  禅恵  快禅  覚禅  禅暁  禅喜  禅観  禅海  教禅  蓮禅  尋禅  禅傑  禅材  禅茂  座禅  坐禅    ...

坐禅の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

灯明之巻」より 著者:泉鏡花
と、香の匂《におい》と明滅する処に、章魚《たこ》胡坐《あぐら》で構えていて、おどかして言えば、海坊主の坐禅のごとし。……辻の地蔵尊の涎掛《よだれかけ》をはぎ合わせたような蒲団《ふとん》が敷いてある。ところ....
我が宗教観」より 著者:淡島寒月
、東海道の旅をした事があって、途中荒れに逢って浜名で橋が半ば流れてしまった。その毀《こわ》れた橋の上で坐禅を組んだので、大河内子が止めたそうでした。それから南禅寺に行った時にも、山門の上で子《し》にすすめ....
活人形」より 著者:泉鏡花
《うなず》き、袂《たもと》に納めて後をも見ず比企《ひき》が谷《やつ》の森を過ぎ、大町通って小町を越し、坐禅川を打渡って――急ぎ候ほどに、雪の下にぞ着きにける。 (談話《はなし》前にもどる。) ここに赤城....
[熟語リンク]
-坐を含む熟語
-禅を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「坐禅」例文/複合語/意味