禅書き順 » 禅の熟語一覧 »禅観の読みや書き順(筆順)

禅観[人名]の書き順(筆順)

禅の書き順アニメーション
禅観の「禅」の書き順(筆順)動画・アニメーション
観の書き順アニメーション
禅観の「観」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

禅観の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ぜんかん
  2. ゼンカン
  3. zenkan
禅13画 観18画 
総画数:31画(漢字の画数合計)
禪觀
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
禅観と同一の読み又は似た読み熟語など
原生自然環境保全地域  自然環境保全地域  自然環境保全法  前官礼遇  前漢書  善管注意義務  都道府県自然環境保全地域  不善感  保全管理人  象外禅鑑  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
観禅:んかんぜ
禅を含む熟語・名詞・慣用句など
禅宗  禅門  禅律  禅侶  禅林  禅和  禅刹  禅刹  禅榻  封禅  問禅  禅味  禅房  禅杖  禅譲  禅僧  禅定  禅堂  禅道  禅那  禅尼  禅板  禅法  友禅  禅弥  禅恵  快禅  覚禅  禅暁  禅喜  禅観  禅海  教禅  蓮禅  尋禅  禅傑  禅材  禅茂  座禅  坐禅    ...

禅観の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

酒渇記」より 著者:佐藤垢石
盛夏の候であった。太上法皇は水閣を開いて、当時天下に聞こえた酒豪を招いて醇酒を賜わったのである。けだし禅観の暇、法慮の余、避暑の情をやり、選閑の趣を助けたというから、随分風流に寛《くつろ》いだ催しであった....
チベット旅行記」より 著者:河口慧海
官は私に向い「あなたはここに着いてからもう二十日ばかり経《た》ったがその間に何をして居られたか。」「坐禅観法《ざぜんかんぽう》をしまた和歌を作って居りました。」書記官は話頭を転じて「あなたは日本で何の爵位....
粟田口霑笛竹(澤紫ゆかりの咲分)」より 著者:三遊亭円朝
奴が来て居るから、稻垣小三郎の生命《いのち》の助かりようは御座いません。 三十七 只今美惠比丘尼が坐禅観法中、稻垣小三郎が自殺をしようとするところへ、山田藤六が忍び込んで、これを刺殺《さしころ》そうとい....
[熟語リンク]
-禅を含む熟語
-観を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「禅観」例文/複合語/意味