禅書き順 » 禅の熟語一覧 »禅林の読みや書き順(筆順)

禅林の書き順(筆順)

禅の書き順アニメーション
禅林の「禅」の書き順(筆順)動画・アニメーション
林の書き順アニメーション
禅林の「林」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

禅林の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ぜん-りん
  2. ゼン-リン
  3. zen-rin
禅13画 林8画 
総画数:21画(漢字の画数合計)
禪林
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
禅林と同一の読み又は似た読み熟語など
前臨床試験  前輪  善隣  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
林禅:んりんぜ
禅を含む熟語・名詞・慣用句など
禅宗  禅門  禅律  禅侶  禅林  禅和  禅刹  禅刹  禅榻  封禅  問禅  禅味  禅房  禅杖  禅譲  禅僧  禅定  禅堂  禅道  禅那  禅尼  禅板  禅法  友禅  禅弥  禅恵  快禅  覚禅  禅暁  禅喜  禅観  禅海  教禅  蓮禅  尋禅  禅傑  禅材  禅茂  座禅  坐禅    ...

禅林の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

茶の本」より 著者:岡倉覚三
作りあげた。馬祖の弟子《でし》百丈《ひゃくじょう》(七一九―八一四)は禅宗|叢林《そうりん》を開創し、禅林清規《ぜんりんしんぎ》を制定した。馬祖の時代以後の禅宗の問答を見ると、揚子江岸《ようすこうがん》精....
山越しの阿弥陀像の画因」より 著者:折口信夫
へぬか知らん。この山の端と、金色の三尊の後に当る空と、漣とを想像せしめる背景は、実はさうではなかつた。禅林寺のは、製作動機から見れば、稍後出を思はせる発展がある。併し画風から見て、金戒光明寺のよりも、幾分....
山越しの阿弥陀像の画因」より 著者:折口信夫
。この山の端と、金色の三尊の後に当る空と、漣《さざなみ》とを想像せしめる背景は、実はそうではなかった。禅林寺のは、製作動機から見れば、稍《やや》後出を思わせる発展がある。併し画風から見て、金戒光明寺のより....
[熟語リンク]
-禅を含む熟語
-林を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「禅林」例文/複合語/意味