禅書き順 » 禅の熟語一覧 »禅刹の読みや書き順(筆順)

禅刹の書き順(筆順)

禅の書き順アニメーション
禅刹の「禅」の書き順(筆順)動画・アニメーション
刹の書き順アニメーション
禅刹の「刹」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

禅刹の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ぜん-せつ
  2. ゼン-セツ
  3. zen-setsu
禅13画 刹8画 
総画数:21画(漢字の画数合計)
禪刹
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
禅刹と同一の読み又は似た読み熟語など
前節  前説  性善説  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
刹禅:つせんぜ
禅を含む熟語・名詞・慣用句など
禅宗  禅門  禅律  禅侶  禅林  禅和  禅刹  禅刹  禅榻  封禅  問禅  禅味  禅房  禅杖  禅譲  禅僧  禅定  禅堂  禅道  禅那  禅尼  禅板  禅法  友禅  禅弥  禅恵  快禅  覚禅  禅暁  禅喜  禅観  禅海  教禅  蓮禅  尋禅  禅傑  禅材  禅茂  座禅  坐禅    ...

禅刹の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

雪の宿り」より 著者:神西清
の一人である。堂衆といえば南都では学匠のことだが、それを浴主などというのは可笑《おか》しい。浴主は特に禅刹《ぜんさつ》で入浴のことを掌《つかさど》る役目だからである。しかし由玄はこの通り名で、大|華厳寺八....
行乞記」より 著者:種田山頭火
た。 一見旧知の如し、逢うて直ぐヨタのいひあひこが出来るのだから、他は推して知るべしである。 いかにも禅刹らしい(緑平老はきつと喜ぶだらう)、そしていかにも臨済坊主らしい(それだから臭くないこともない)。....
雪の宿り」より 著者:神西清
の一人である。堂衆といへば南都では学匠のことだが、それを浴主などといふのは可笑《おか》しい。浴主は特に禅刹《ぜんさつ》で入浴のことを掌《つかさど》る役目だからである。しかし由玄はこの通り名で、大|華厳寺八....
[熟語リンク]
-禅を含む熟語
-刹を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「禅刹」例文/複合語/意味