花書き順 » 花の熟語一覧 »掛花の読みや書き順(筆順)

掛花[掛(け)花]の書き順(筆順)

掛の書き順アニメーション
掛花の「掛」の書き順(筆順)動画・アニメーション
花の書き順アニメーション
掛花の「花」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

掛花の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. かけ-はな
  2. カケ-ハナ
  3. kake-hana
掛11画 花7画 
総画数:18画(漢字の画数合計)
掛花
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:掛け花
スポンサーリンク
掛花と同一の読み又は似た読み熟語など
仕掛花火  懸離れる  掛離れる  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
花掛:なはけか
花を含む熟語・名詞・慣用句など
異花  一花  一花  印花  塩花  押花  黄花  夏花  花客  花車  開花  掛花  割花  偽花  菊花  狂花  金花  月花  献花  県花  紅花  紅花  高花  国花  桜花  桜花  散花  残花  糸花  紙花  雌花  雌花  車花  出花  春花  初花  小花  常花  生花  生花    ...

掛花の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

第二菎蒻本」より 著者:泉鏡花
嬉しさに、わなわな震えて、野暮なお酌をすると口惜《くやし》い。稽古をするわ、私。……ちょっとその小さな掛花活《かけはないけ》を取って頂戴。」 「何にする。」 「お銚子を持つ稽古するの。」 「狂人染《きちが....
政談十二社」より 著者:泉鏡花
って、床の間の柱に、友染の襷《たすき》がけで艶雑巾《つやぶきん》をかけていたお米という小間使が、ふっと掛花活《かけはないけ》の下で手を留めて、活けてありました秋草をじっと見ながら、顔を紅《べに》のようにし....
星女郎」より 著者:泉鏡花
人の段取《だんどり》で。 その内に、床の間へ目が着きますとね、掛地《かけじ》がない。掛地なしで、柱の掛花活《かけはないけ》に、燈火《あかり》には黒く見えた、鬼薊《おにあざみ》が投込んである。怪《け》しか....
[熟語リンク]
-掛を含む熟語
-花を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「掛花」例文/複合語/意味