回書き順 » 回の熟語一覧 »回漕の読みや書き順(筆順)

回漕の書き順(筆順)

回の書き順アニメーション
回漕の「回」の書き順(筆順)動画・アニメーション
漕の書き順アニメーション
回漕の「漕」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

回漕の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. かい-そう
  2. カイ-ソウ
  3. kai-sou
回6画 漕14画 
総画数:20画(漢字の画数合計)
回漕
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
回漕と同一の読み又は似た読み熟語など
一階僧正  会葬  回想  快走  怪僧  改葬  改装  開創  階層  境界層  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
漕回:うそいか
回を含む熟語・名詞・慣用句など
回旋  回風  回復  回雪  回文  回文  回線  回米  回報  回覧  回流  回廊  回瀾  回想  経回  初回  回折  回漕  回視  回収  回春  回送  回虫  回信  回心  回申  回診  回数  回転  回生  回付  回族  回達  周回  回避  回し  回す  回む  回礼  回暦    ...

回漕の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

妙な話」より 著者:芥川竜之介
中《ひじゅう》ふさぎこんで、口さえ碌《ろく》に利《き》かなかったものだ。そう云えば一度なぞは、どこかの回漕店《かいそうてん》の看板に、赤帽の画《え》があるのを見たものだから、あいつはまた出先まで行かない内....
俗臭」より 著者:織田作之助
ことにして量を過すのがいけないと思ったのだ。現にそこを引き払う時、払った金が所持金の大半で、残ったのは回漕店を止める時貰った十円にも足らぬ金だった。二人の口を糊して来たとはいえ、結局、冷やしあめ屋と扇子屋....
私の履歴書」より 著者:井上貞治郎
気がさした私はこの店も出ることにし、一人で口入屋へ出かけていった。 そこで見つけたのは神戸栄町の熊谷回漕店である。この運送屋では幹部は通勤なので、住込んでいるのは若い店員ばかり。だから夜ともなれば、えら....
[熟語リンク]
-回を含む熟語
-漕を含む熟語
類語・類義語辞典
-回漕の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「回漕」例文/複合語/意味